COMPANY

HOME | COMPANY
商号

株式会社フォーバルカエルワーク

設立年月日

2007年(平成19年)10月5日

取締役

代表取締役会長 川口 浩二
代表取締役社長 小林 塁
取締役     茂木 厚志
取締役     行 辰哉
取締役     加藤 康二

執行役員

執行役員    関 裕治
執行役員    高橋 一智
執行役員    内田 紀彦

本社

〒105-6225 東京都港区愛宕二丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー25階

決算期

3月

資本金

1000万円

株主

株式会社フォーバル(東証1部:証券コード8275)

許認可等

労働者派遣事業   許可番号:派13-306697
プライバシーマーク使用許諾事業者 登録番号:第21001128号

事業内容

アプリケーション・セキュリティシステムの受託開発
コンピュータシステムの販売、構築、導入、監視・管理などの保守サービスの提供
ネットワークデザイン、コンサルテーションの実施、システムの構築に関わる企画、開発の受託
プログラミング、ネットワークテクノロジーに関する教育業務

主要取引先

ユニアデックス株式会社
ネットワンシステムズ株式会社
ネットワンパートナーズ株式会社
株式会社リクルート
株式会社リクルートホールディングス
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
JTP株式会社
富士ソフト株式会社
SFIリーシング株式会社
TISソリューションリンク株式会社
損害保険ジャパン株式会社
株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
株式会社ジェーエムエーシステムズ
株式会社ニーズウェル
株式会社アグレックス
株式会社NEXCOシステムズ
クロックスエイジアプライベートリミテッド
KCCSモバイルエンジニアリング株式
NRIデータiテック株式会社
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社

※順不同・敬称略

国内グループ会社

株式会社アイテック
株式会社アップルツリー
株式会社ヴァンクール
株式会社えすみ
株式会社FISソリューションズ
株式会社エルコム
株式会社コーディネート
株式会社第一工芸社
タクトシステム株式会社
株式会社テック販売山陰
株式会社トライ・エックス
ビー・ビー・コミュニケーションズ株式会社
株式会社フォーキャスト
株式会社フォーバル (東証一部 8275)
株式会社フォーバルエコシステム
株式会社フォーバルテクノロジー
株式会社フォーバルテレコム (東証二部 9445)
株式会社フォーバル・リアルストレート (JASDAQ 9423)
株式会社プロセス・マネジメント
株式会社保険ステーション
株式会社三好商会

海外グループ会社

FORVAL(CAMBODIA)CO., LTD.
PT FORVAL INDONESIA
FORVAL VIETNAM CO., LTD.
FORVAL MYANMAR CO., LTD.
E SECURITY SERVICES CO., LTD.
JAPANES SMEs DEVELOPMENT JOINT STOCK COMPANY

ACCESS

/ 本社へのアクセス

所在地 〒105-6225 東京都港区愛宕二丁目5番地1号
    愛宕グリーンヒルズMORIタワー25階(受付2階)

QUALITY

/ 私たちの強み

豊富なネットワークインフラ構築経験
金融機関ネットワーク,公官庁系ネットワークからデータセンター構築まで、これまでに設計構築を行った経験が豊富に御座います。それぞれの分野における特徴や動向などを理解、把握しておりますので、技術力だけではない、お客様の視点で御提案から保守まで一貫して行なうことが出来ます。

プロフェッショナルな技術員
CCIE資格保持者を含めて、10年以上の設計経験を積んだプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーとして行動できる人材などを動員することが出来ます。

 

多くのシステム開発実績
保険業、金融業、流通・製造業などの業界に幅広く対応しております。
お客様のニーズを的確に把握・分析し、企業独特にマッチしたシステムを構築することで業務効率の向上や潜在ニーズの発掘など新しい可能性が生まれます。
あふれる情報をいかに企業の競争力に変えるか。 そこに私たちが提案する「経営情報システム」の価値があります。設計、開発からコンサルティング、パッケージ開発までシステムにかかわる業務であればすべて私たちにお任せください。

 

社是

フォーバルグループは
社員・家族・顧客・株主・取引先と共に歩み
社会価値創出を通して
それぞれに幸せを分配することを目指す
そのため
創意工夫をこらし絶えず「革新」に挑戦する
顧客に愛される「真心」のサービスを大切にする
社員が安心して力を発揮できる「場」作りに努力する
世界・未来に目を向け「社会が求める真の価値」を追求する